• HOME
  • News
  • 雑誌
  • 書籍・調査リポート
  • セミナー情報
  • 利用ガイド
  • 問い合わせ
  • MY PAGE

『電子決済総覧 2019-2020』販売開始のお知らせ

2019年9月24日
株式会社インフキュリオン
株式会社電子決済研究所
山本国際コンサルタンツ

2025年のキャッシュレス決済市場は128兆円を突破
QRコード/バーコード決済市場は9.7兆円規模と予測


決済市場調査レポートの決定版『電子決済総覧 2019-2020』を発売



株式会社インフキュリオン(東京都千代田区、代表取締役社長:来田武則)が発行するカードビジネス専門誌『カード・ウェーブ』編集部と、電子決済サービスに関する調査・研究・コンサルティングを専門に手がける株式会社電子決済研究所(東京都千代田区、代表取締役社長:多田羅政和)および山本国際コンサルタンツ(東京都豊島区、代表:山本正行)はこのほど、キャッシュレス決済の市場規模に関する調査レポートの最新版『電子決済総覧2019-2020』を発行、2020年から2025年までの国内における電子決済サービス※1(クレジット決済・デビット決済・プリペイド決済)の市場規模推移に関する予測を発表しました。 調査※2の結果、2025年の電子決済取扱高の合計は約128兆円、民間最終消費支出に占める比率(電子決済化率)は42%を超えると予想されます。また、近年急速に普及が進みつつあるQRコード※3/バーコードを使ったコード決済については、2025年に9.7兆円の市場規模に達するものと推定しています。

調査※2の結果、2025年の電子決済取扱高の合計は約128兆円、民間最終消費支出に占める比率(電子決済化率)は42%を超えると予想されます。また、近年急速に普及が進みつつあるQRコード※3/バーコードを使ったコード決済については、2025年に9.7兆円の市場規模に達するものと推定しています。

詳しくは、下記リリースをご参照ください。



※1本調査では「電子決済(ePayments)」という言葉について、「物品の購入、サービスを受けた際に発生する支払いについて、現金を用いずに、電子的なデータで処理すること」と定義し、使用しています。これに該当する決済サービスとしては、①クレジット決済、②デビット決済、③プリペイド決済、の3種類があります。なお、金融機関の預金口座からの自動引き落とし(口座振替)や銀行振込などは、「電子的な支払い」として区別し、原則として電子決済のカテゴリには含めていません。

※2 市場予測に際しては、独自に流通・サービス店舗、クレジットカード・プリペイドカード・電子マネー等運営会社、関連団体・行政機関へのヒアリング等を実施し、数値の精査を行いました(調査期間:2019年3月~2019年6月)。『電子決済総覧2019-2020』では、各電子決済サービス手段別内訳(国際ブランドデビットカード、J-Debit、非接触IC電子マネー、サーバ型プリペイド、ほか)の市場規模推移、および電子決済化率などについても算出し、収録しています。

※3 「QRコード」はデンソーウェーブの登録商標です。